its party

日中異文化交流会

端午節だし、中華ちまきを作ろう! 日中異文化交流会(第17回)
日中異文化交流会(第17回)

もうすぐ、中国では端午説です。
端午の節句は日本でも子供の日として有名ですね♬

中国では旧暦の5月5日が端午節であり、2014年である今年は、6月2日となります。

中国で端午節と言えば、ちまきを作って食べる習慣があります。
もち米に焼豚などの具を入れて、竹の葉で巻いたちまきは、見た目からして趣があっていいですよね。

お昼からちまきを作って食べたあとは、夕方から中華料理を食べながら飲み会を行います!

今回の日中異文化交流会の会場は、日比谷線の三ノ輪駅に新たに登場した、ぱんだハウス2号店となります。

ぱんだハウスは、「日本初の日中交流をテーマとしたシェアハウス」として、シェアハウスサイトやテレビでも取り上げられた、日中交流のプラットフォームです。

去年、第一号を本郷でスタートした「ぱんだハウス」は、
これまで多数のイベントを行い、多くの方が集まりました。
第2号となる三ノ輪のぱんだハウスでも、今後、日中異文化交流会をはじめとしたイベントをどんどん開催予定です。

今回の日中異文化交流会は、記念すべき、ぱんだハウス三ノ輪での初イベントとなります!

ちまき作りに、飲み会に、大いに盛り上がりましょう!



【日時】
2014年5月25日(日)

14:00     集合
14:00〜16:00 ちまき作り
16:00〜17:00  ぱんだハウスツアー
17:00〜20:00  飲み会


【場所】
ぱんだハウス三ノ輪

〒110-0012
東京都台東区竜泉3-4-5シティハイツ2F
https://goo.gl/maps/XHfMz

最寄り駅:日比谷線 三ノ輪駅(徒歩6分)

<三ノ輪駅からのルート>
1. 三ノ輪駅の3出口を出ます。
2. 信号を渡って、マクドナルドの方に向かいます。
3. 信号を渡ったら、左側に曲がり、大通り(明治通り)
 沿いにしばらく歩きます。
4. 3分ほど歩くと、正面にスカイツリーがドドーンと
 見えてきます。
5. スカイツリーに向かって歩き、2分ほど歩くと、
 道路の反対(左側)にセブンイレブンが見えてきます。
6. セブンイレブンを通り越す(セブンイレブンは
 道の反対側だけど)と、駐車場の三井パーキングが
 あるので、その手前を右折します。
7. 三井パーキングで右折して歩くと、すぐに右手に
 有馬湯という銭湯があります。
8. 有馬湯を過ぎて、4つ目の角で左折します。
9. 左折して5秒も歩くと、ぱんだハウスに到着です。
 (左側に見える白い3階建の建物です)


【参加費】
2,500円


【持ち物】
特になし


【緊急連絡先】
090-4104-4664(清水)




【日中異文化交流会とは】
日中異文化交流会は、在日の中国・台湾の方と、中国に興味のある日本人が集まり、お互いの文化を理解し合いながら交流する会です。
お互いをもっと知り、尊重し合うことで、日中の友好を更によいものにしていきたいと思っています。

特に日中交流に興味はないけど参加してみたい!という方の参加ももちろんOKです。
この会を通じて、日中交流や国際交流に興味を持ってもらえるようになれば、非常に嬉しく思います。
友達の輪も広がりますよ^^

元上海総領事で東京都知事選にも出馬した、日中交流の第一人者、吉田重信氏に応援頂いたり、
NHKの記者の方が、この活動に注目して取材に来てくれたりしています。

これからも、どんどん日中交流の輪を広げていきたいと思っています。

是非、皆さんもこの輪に加わり、日中交流を盛り上げていってください!!
25.05.2014
日中カラオケ大会 日中異文化交流会(第16回)
日中異文化交流会(第16回)

すっかり温かくなりました!春です。
歌い出したくなります♬

という訳で、今回の日中異文化交流会は、
日中カラオケ大会です!

もともと日本で生まれたカラオケですが、
もはや世界のKARAOKEです。
特に中国では、カラオケは大人気で、
KTVという名称で、若者から大人まで広く親しまれています。

中国語のカラオケの曲も完備した、池袋のカラオケ屋さんでやりますから、
日本の曲も歌いながら、歌える人は中国の曲にもチャレンジしてみましょう!

Kiroroや中島美嘉など、日本でも人気のアーティストの曲の中国語版があったりするので、中国語が得意でない人もノリで歌えるかも!

今回は、立教のメンバー中心の中国語勉強会のみなさんも
一緒に参加してくれる予定です。

日中カラオケしたい人、中国語を勉強したい人、
ただ単に歌いたい人もみんな寄っておいで!



【日時】
2014年4月27日(日)

18:20     集合
18:30〜21:00 熱唱
21:00〜  解散



【場所】
紫光閣

〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-38-3 ビートス池袋6F

TEL: 03-3985-5888

最寄り駅:池袋駅

【参加費】
実費を割り勘
(2,000〜3,000円程度の予定 → 確認次第、情報更新します)


【持ち物】
特になし


【緊急連絡先】
090-4104-4664(清水)




【日中異文化交流会とは】
日中異文化交流会は、在日の中国・台湾の方と、中国に興味のある日本人が集まり、お互いの文化を理解し合いながら交流する会です。
お互いをもっと知り、尊重し合うことで、日中の友好を更によいものにしていきたいと思っています。

特に日中交流に興味はないけど参加してみたい!という方の参加ももちろんOKです。
この会を通じて、日中交流や国際交流に興味を持ってもらえるようになれば、非常に嬉しく思います。
友達の輪も広がりますよ^^

元上海総領事で東京都知事選にも出馬した、日中交流の第一人者、吉田重信氏に応援頂いたり、
NHKの記者の方が、この活動に注目して取材に来てくれたりしています。

これからも、どんどん日中交流の輪を広げていきたいと思っています。

是非、皆さんもこの輪に加わり、日中交流を盛り上げていってください!!
27.04.2014
日本一の紙芝居ホールで本格的紙芝居鑑賞会 日中異文化交流会(第15回)
日中異文化交流会(第15回)

中国の春節も終わり、春の足音がすぐそこまで聞こえてきていますね。
前回の交流会では、大雪の中で春節パーティーをやったことがまるで嘘のようです。

さて、今回の日中異文化交流会では、日本の伝統的な文化である「紙芝居」をテーマとして取り上げます。

日本独特の文化として、古くから親しまれている紙芝居。
日本人なら誰もが小さい頃に体験したことのある紙芝居。
「紙芝居」と聞くと「懐かしい!」という印象を持つ日本人が多いと思います。

ですが、「子供向け」という印象が強く、大人になるにつれて触れる機会が少なくなってきました。
更に、世の中のデジタル化の流れも紙芝居に触れる機会の少なくなった原因の一つかもしれません。

そのため、中国の方は、「紙芝居」というものを知ってはいても、実際に鑑賞したことがない人も多いと思います。

そんな、日常の中で触れる機会の減った紙芝居ですが、
本や雑誌、パソコンの画面を通じて読む情報とは全く異なる、情緒ある物語の伝達手段です。
これは、オペラやミュージカルが映画とは異なる体験を
提供してくれることと似ているかもしれません。

このことは、近年、フランスをはじめとしたヨーロッパで
紙芝居が受け入れられつつあることと関係が深いかもしれません。

今回、現在日本にたった2社しかない、紙芝居をメインに扱う出版社『株式会社童心社』の田中正美社長のご協力を得て、日中異文化交流会のために、本格的な紙芝居を鑑賞する機会を頂けることになりました。

それも、同社の文京区のオフィスにある、
日本一と言われる紙芝居ホールでの上演です。
紙芝居ホールは、マイクを使わない生の声で演じる紙芝居のために、
声が遠くまで届くような天井に加工が施されています。
この紙芝居ホールだけでも一見の価値ありですよ!!

今回の交流会で、是非中国のみなさんに日本の伝統である
紙芝居の情緒を体験してもらいたいと思います。

日本の方は、懐かしい気持ちを思い出しながら、
自国の文化を外国に紹介する中で再認識してみましょう!

お子さんの参加も大歓迎です☆



【日時】
2014年3月21日(金)

12:40 集合
13:00〜13:50 紙芝居鑑賞
13:50〜14:00 休憩
14:00〜15:00 懇親会(軽食付き)


【場所】
株式会社童心社 本社紙芝居ホール
東京都文京区千石4-6-6

最寄り駅:
・千石駅(都営三田線)
・巣鴨駅(JR山手線、都営三田線)


【参加費】
1,000円
(懇親会での軽食付き)


【持ち物】
特になし


【緊急連絡先】
090-4104-4664(清水)




【日中異文化交流会とは】
日中異文化交流会は、在日の中国・台湾の方と、中国に興味のある日本人が集まり、お互いの文化を理解し合いながら交流する会です。
お互いをもっと知り、尊重し合うことで、日中の友好を更によいものにしていきたいと思っています。

特に日中交流に興味はないけど参加してみたい!という方の参加ももちろんOKです。
この会を通じて、日中交流や国際交流に興味を持ってもらえるようになれば、非常に嬉しく思います。
友達の輪も広がりますよ^^

元上海総領事で東京都知事選にも出馬した、日中交流の第一人者、吉田重信氏に応援頂いたり、
NHKの記者の方が、この活動に注目して取材に来てくれたりしています。

これからも、どんどん日中交流の輪を広げていきたいと思っています。

是非、皆さんもこの輪に加わり、日中交流を盛り上げていってください!!
21.03.2014
第14回 日中異文化交流会 みんなで美味しい中華料理のランチ
日中異文化交流会(第14回)

新年好!!

日本のお正月の次は、中国のお正月!
今年も春節のシーズンがやってきました。

陰暦の1月1日である春節は、
今年は、太陽暦カレンダーでは
1月31日(金)のようですね。

春節のこの時期は、ご存知の通り、
横浜中華街が熱い!!
催しが目白押しです。

そんな中、みんなで美味しい中華料理のランチを
食べながら、最高に熱い横浜中華街の活気に触れましょう!

ランチは、人気中華料理店のオーダーバイキング(食べ放題)
です。しかも時間無制限!食べたい人は無限に食べれます(笑)

個室を予約していますので、盛り上がりましょう!

食後は、希望者で中華街を散策しましょう。
当日は、大規模なパレードがあるらしいので、お楽しみに!
http://www.chinatown.or.jp/agenda/event/5851

それでは、中華街で中華に囲まれた春節を楽しみましょう!


【日時】
2014年2月8日(土)

12:00 集合
12:15〜14:30 ランチ(食べ放題)(希望者は14:30以降も残れます)
14:30〜16:00 中華街散策(希望者のみ)
16:00〜17:00 パレード(希望者のみ)


【場所】
横浜中華街 萬幅大飯店
http://r.gnavi.co.jp/gams400/menu5/

神奈川県横浜市中区山下町136-11

みなとみらい線 元町・中華街駅 徒歩2分
JR根岸線 石川町駅 徒歩8分


【参加費】
2,500円
(アルコールを飲む方は別途1,500円で飲み放題を付けられます)


【持ち物】
特になし


【緊急連絡先】
090-4104-4664(清水)




【日中異文化交流会とは】
日中異文化交流会は、在日の中国・台湾の方と、中国に興味のある日本人が集まり、お互いの文化を理解し合いながら交流する会です。
お互いをもっと知り、尊重し合うことで、日中の友好を更によいものにしていきたいと思っています。

特に日中交流に興味はないけど参加してみたい!という方の参加ももちろんOKです。
この会を通じて、日中交流や国際交流に興味を持ってもらえるようになれば、非常に嬉しく思います。
友達の輪も広がりますよ^^

元上海総領事で東京都知事選にも立候補した、日中交流の第一人者である吉田重信氏からもご支援頂き、
NHKの記者の方も、この日中交流の活動に注目して取材に来ました。

これからも、どんどん日中交流の輪を広げていきたいと思っています。



【これまでの活動】
第1回・・・シェアハウスの巨大キッチンで、 餃子を皮から作って食べました。簡単に見える餃子作りも手作りの皮だと破れやすくて意外と難しい!!このときは中国の方々が大活躍でした。ジャンボ餃子も作りました。

第2回・・・パーティールームで、自分たちで鮨を握って食べました。日本人でも自分で寿司を握るのは初めての方が殆どで、最初は苦戦していましたが、後半はだんだん上手になりました。普段はお腹いっぱいになるまで食べないお鮨ですが、この日は満腹になるまで食べつくしました!

第3回・・・正月にちなんで餅つきをしました。日本の伝統行事である餅つきですが、実際に杵(きね)と臼(うす)で餅つきしたことがある人は実は少なく、初体験の人も多く、みなさん楽しんでいました。つきたての餅はやっぱり美味しかった!

第4回・・・中国のお正月(春節)のお祝いをしました。中華料理屋さんで大量の中華料理を食べ、満腹になったところで公園に移動して花火をしました。本来、春節には爆竹を鳴らして盛大に祝うのですが、都心でそんなことするわけにいかず、花火で我慢しました。。冬の花火は珍しく、花火の匂いで夏を感じました。

第5回・・・春到来!ということで、上野公園でお花見をしました。花を愛でながら、昼間っから飲み明かす。そんな日本の素晴らしい文化を中国のみなさんと共有する。そんな会でした。
大量の桜に囲まれた上の公園で、桜舞い散る最高の雰囲気の中で楽しみました。お弁当は中華中心のメニューにしました^^

第6回・・・中国の清明節という行事にちなみ、クレープと草団子をみんなで作って食べました。公園によもぎを摘みに行ったりして春を感じ取りました。ホイップとフルーツたっぷりのクレープと、あんこたっぷりの草団子を楽しみました。

第7回・・・お茶の伝統を持つ日中両国。本格的な日本茶と中国茶を飲み比べちゃおう!ということで、日本茶、中国茶のそれぞれの先生に来てもらい、それぞれの国の茶道を披露してもらいました。静けさを楽しむ上品な日本の茶道、流れるような動きで優雅さを感じる中国の茶道。どちらも最高でした!!

第8回・・・日本第二の都市、大阪。大阪の味を味わおう!ということで、たこ焼き、お好み焼きパーティーをやりました。
関西出身の人が作ってくれた本場の味は美味しかったです!

第9回・・・本物の竹を使って流しそうめんを楽しみました。部屋の中で普通に食べるそうめんも美味しいけど、外でやる流しそうめんは格別でした♬水の流れる流しそうめんで、暑い夏に、涼しい気分になりました!そうめん以外にも、プチトマトや餃子、パンダ!?まで、いろんなものを流して遊びました。

第10回・・・中国夏デザートで、暑い夏を吹き飛ばしました!
日本でいうかき氷「八寶冰(バーバオビン)」やタピオカミルクティーを自分達で作って、好きなようにフルーツを盛り付け楽しみました。

第11回・・・日本の伝統楽器である三味線と鼓の演奏を楽しみました。雰囲気を出すために和室のお座敷を借り切っての開催でした。ゲストに女優の木田ゆきのさんをお招きして、幼少の頃から稽古されている三味線と鼓を披露頂きました。参加の方にも鼓に触らせて頂き鳴らしてみましたが、難しくて。。。

第12回・・・日中に関する記事を掲載した雑誌『和華』を題材に、日本と中国の文化についてディスカッションしました。日本人と中国人でお互いの文化や歴史について議論するという少し難しいテーマに挑戦してみましたが、とても充実した議論ができました。『和華』の創刊者である、孫さんも京都から駆けつけてくれました。

第13回・・・日本のお正月ということで、お雑煮を作って食べ、その後公園で凧揚げをしました。日本のお正月行事は様々なものがありますが、食と遊びを通じてお正月を体験しました。凧揚げでは、みんな童心に戻ってはしゃぎ回っていました^^


近年、日中両国の政府間では緊張関係が続いています。マスコミでもそのことが多く取り上げられています。
ただ、政府の問題は政府の問題。国民同士が争い合う必要は全くない。私は、はっきりそう思います。むしろ、国民同士が仲良くすることで、日中の友好に少しでも貢献できるのではないかと思っています。
お互いを尊重して仲良くしましょう! お互いを好きになれば、争いごとも減ると信じています。
「お互いの国を好きになる最も簡単な方法は、その国の友達を沢山作ること!」という運営方針のもと、日中異文化交流会を運営する『ぱんだハウス』は「日中100人の友達ができるシェアハウス」をコンセプトに活動しています。
https://www.facebook.com/pandahouses
08.02.2014
第13回 日中異文化交流会 お雑煮をみんなで作って食べて、その後、凧揚げ!
日中異文化交流会(第13回)

新年明けましておめでとうございます。
今年の抱負は立てられましたか?
今年も一年、頑張って行きましょう!

さて、2014年の最初の日中異文化交流会は、
日本のお正月にちなみ、お正月らしいことをします。

お雑煮をみんなで作って食べて、その後、凧揚げ!

お雑煮は中国にもありますが、少し違いますね。
日本のお出汁を中心としたお雑煮を堪能しましょう。

凧揚げは中国でもやるようですが、
日本ほどメジャーでないようで、みんながみんなやったことがあるという訳ではなさそうです。
日本人であれば、小さい頃に一度はやったことがある人が多いですよね。
初めての人は、人生初の凧揚げを体験し、
子供のころにやった人は、子供時代を思い出しながら楽しんで凧揚げをしましょう。
意外にも夢中になれますよ!!


【日時】
2014年1月12日(日)
12:00〜15:00

【場所】
不動前ハウス
東京都品川区西五反田3-12-13

最寄駅:目黒線 不動前駅、JR 目黒駅


【参加費】
1,000円

【持ち物】
特になし

【緊急連絡先】
090-4104-4664(清水)




【日中異文化交流会とは】
日中異文化交流会は、在日の中国・台湾の方と、中国に興味のある日本人が集まり、お互いの文化を理解し合いながら交流する会です。
お互いをもっと知り、尊重し合うことで、日中の友好を更によくしていきたいと思っています。

特に日中交流に興味はないけど参加したい!という方の参加もOKです。
この会を通じて、日中交流や国際交流に興味を持ってもらえるようになれば、非常に嬉しく思います。
友達の輪も広がりますよ^^

NHKの記者の方も、この日中交流の活動に注目して、取材しにきてくれました。
これからも、どんどん世の中に日中交流の情報発信をして行きたいと思っています。



【これまでの活動】
第1回・・・シェアハウスの巨大キッチンで、 餃子を皮から作って食べました。簡単に見える餃子作りも手作りの皮だと破れやすくて意外と難しい!!このときは中国の方々が大活躍でした。ジャンボ餃子も作りました。

第2回・・・パーティールームで、自分たちで鮨を握って食べました。日本人でも自分で寿司を握るのは初めての方が殆どで、最初は苦戦していましたが、後半はだんだん上手になりました。普段はお腹いっぱいになるまで食べないお鮨ですが、この日は満腹になるまで食べつくしました!

第3回・・・正月にちなんで餅つきをしました。日本の伝統行事である餅つきですが、実際に杵(きね)と臼(うす)で餅つきしたことがある人は実は少なく、初体験の人も多く、みなさん楽しんでいました。つきたての餅はやっぱり美味しかった!

第4回・・・中国のお正月(春節)のお祝いをしました。中華料理屋さんで大量の中華料理を食べ、満腹になったところで公園に移動して花火をしました。本来、春節には爆竹を鳴らして盛大に祝うのですが、都心でそんなことするわけにいかず、花火で我慢しました。。冬の花火は珍しく、花火の匂いで夏を感じました。

第5回・・・春到来!ということで、上野公園でお花見をしました。花を愛でながら、昼間っから飲み明かす。そんな日本の素晴らしい文化を中国のみなさんと共有する。そんな会でした。
大量の桜に囲まれた上の公園で、桜舞い散る最高の雰囲気の中で楽しみました。お弁当は中華中心のメニューにしました^^

第6回・・・中国の清明節という行事にちなみ、クレープと草団子をみんなで作って食べました。公園によもぎを摘みに行ったりして春を感じ取りました。ホイップとフルーツたっぷりのクレープと、あんこたっぷりの草団子を楽しみました。

第7回・・・お茶の伝統を持つ日中両国。本格的な日本茶と中国茶を飲み比べちゃおう!ということで、日本茶、中国茶のそれぞれの先生に来てもらい、それぞれの国の茶道を披露してもらいました。静けさを楽しむ上品な日本の茶道、流れるような動きで優雅さを感じる中国の茶道。どちらも最高でした!!

第8回・・・日本第二の都市、大阪。大阪の味を味わおう!ということで、たこ焼き、お好み焼きパーティーをやりました。
関西出身の人が作ってくれた本場の味は美味しかったです!

第9回・・・本物の竹を使って流しそうめんを楽しみました。部屋の中で普通に食べるそうめんも美味しいけど、外でやる流しそうめんは格別でした♬水の流れる流しそうめんで、暑い夏に、涼しい気分になりました!そうめん以外にも、プチトマトや餃子、パンダ!?まで、いろんなものを流して遊びました。

第10回・・・中国夏デザートで、暑い夏を吹き飛ばしました!
日本でいうかき氷「八寶冰(バーバオビン)」やタピオカミルクティーを自分達で作って、好きなようにフルーツを盛り付け楽しみました。

第11回・・・日本の伝統楽器である三味線と鼓の演奏を楽しみました。雰囲気を出すために和室のお座敷を借り切っての開催でした。ゲストに女優の木田ゆきのさんをお招きして、幼少の頃から稽古されている三味線と鼓を披露頂きました。参加の方にも鼓に触らせて頂き鳴らしてみましたが、難しくて。。。

第12回・・・日中に関する記事を掲載した雑誌『和華』を題材に、日本と中国の文化についてディスカッションしました。日本人と中国人でお互いの文化や歴史について議論するという少し難しいテーマに挑戦してみましたが、とても充実した議論ができました。『和華』の創刊者である、孫さんも京都から駆けつけてくれました。


近年、日中両国の政府間では緊張関係が続いています。マスコミはお互いの国を悪く表現することが多くなってきました。
ただ、政府の問題は政府の問題。国民同士が争い合う必要は全くない。私は、はっきりそう思います。むしろ、国民同士が仲良くすることで、日中の友好に少しでも貢献できるのではないかと思っています。
お互いを尊重して仲良くしましょう! お互いを好きになれば、争いごとも減ると信じています。
「お互いの国を好きになる最も簡単な方法は、その国の友達を沢山作ること!」という運営方針のもと、日中異文化交流会を運営する『ぱんだハウス』は「日中100人の友達ができるシェアハウス」をコンセプトに活動しています。
https://www.facebook.com/pandahouses
12.01.2014
日中異文化交流会(第12回) 〜日中の文化比較をしてみよう!〜
日中異文化交流会(第12回)

台風が過ぎ去り、気温もぐっと下がってきました。
皆さん風邪など引いてないですか?

さて、次で12回目の日中異文化交流会です。
月1回のペースで開催してきて、遂に1年を迎えました☆

日中異文化交流会では、これまでは主に食を通じて、
お互いの国の文化を伝え合う交流会を行ってきました。

今回は、読書の秋にちなんで、
日中文化比較の雑誌を題材として、
様々な日中の文化比較をしてみたいと思います。

日本と中国の歴史、地理、食事、ファッション、国民性などなど。
比較するとおもしろそうなことが沢山あります。

そして、比較する中で新たに発見する、日本と中国の共通点!

これであなたも日中の文化を人に説明できるくらいに
詳しくなれるかも!!


今回、題材にする雑誌は、京都に住みながら日中の文化比較を
研究している大学生の孫秀蓮さんが編集されている『和華』という雑誌です。

日中友好のための草の根的活動をスローガンとして、
日中を文化比較の観点でまとめている雑誌です。

元外務省官僚の吉田重信先生を始め、
大学教授など、日中交流の第一人者の方々からも寄稿を
寄せて頂いている大作です。

https://www.facebook.com/groups/497761890271324/?fref=ts

今回の交流会には、『和華』の編集者の
孫さんにも京都からお越し頂くことになっています。

雑誌を創刊した背景などについてもお聞きしたいと思います。

会場は今回も本郷交流館を利用します。
広いし、和室の居心地の良さが気に入りました☆



【日時】
11月24日(日)
10:00〜12:30

【場所】
文京区立本郷交流館

最寄駅:本郷三丁目

地図
http://goo.gl/maps/w6GtR


【参加費】
1,000円(雑誌『和華』の料金込み)

【持ち物】
特になし

【緊急連絡先】
090-4104-4664(清水)




【日中異文化交流会とは】
日中異文化交流会は、在日の中国・台湾の方と、中国に興味のある日本人が集まり、お互いの文化を理解し合いながら交流する会です。
お互いをもっと知り、尊重し合うことで、日中の友好を更によくしていきたいと思っています。

特に日中交流に興味はないけど参加したい!という方の参加もOKです。
この会を通じて、日中交流や国際交流に興味を持ってもらえるようになれば、非常に嬉しく思います。
友達の輪も広がりますよ^^

NHKの記者の方も、この日中交流の活動に注目して、取材しにきてくれました。
これからも、どんどん世の中に日中交流の情報発信をして行きたいと思っています。



【これまでの活動】
第1回・・・シェアハウスの巨大キッチンで、 餃子を皮から作って食べました。簡単に見える餃子作りも手作りの皮だと破れやすくて意外と難しい!!このときは中国の方々が大活躍でした。ジャンボ餃子も作りました。

第2回・・・パーティールームで、自分たちで鮨を握って食べました。日本人でも自分で寿司を握るのは初めての方が殆どで、最初は苦戦していましたが、後半はだんだん上手になりました。普段はお腹いっぱいになるまで食べないお鮨ですが、この日は満腹になるまで食べつくしました!

第3回・・・正月にちなんで餅つきをしました。日本の伝統行事である餅つきですが、実際に杵(きね)と臼(うす)で餅つきしたことがある人は実は少なく、初体験の人も多く、みなさん楽しんでいました。つきたての餅はやっぱり美味しかった!

第4回・・・中国のお正月(春節)のお祝いをしました。中華料理屋さんで大量の中華料理を食べ、満腹になったところで公園に移動して花火をしました。本来、春節には爆竹を鳴らして盛大に祝うのですが、都心でそんなことするわけにいかず、花火で我慢しました。。冬の花火は珍しく、花火の匂いで夏を感じました。

第5回・・・春到来!ということで、上野公園でお花見をしました。花を愛でながら、昼間っから飲み明かす。そんな日本の素晴らしい文化を中国のみなさんと共有する。そんな会でした。
大量の桜に囲まれた上の公園で、桜舞い散る最高の雰囲気の中で楽しみました。お弁当は中華中心のメニューにしました^^

第6回・・・中国の清明節という行事にちなみ、クレープと草団子をみんなで作って食べました。公園によもぎを摘みに行ったりして春を感じ取りました。ホイップとフルーツたっぷりのクレープと、あんこたっぷりの草団子を楽しみました。

第7回・・・お茶の伝統を持つ日中両国。本格的な日本茶と中国茶を飲み比べちゃおう!ということで、日本茶、中国茶のそれぞれの先生に来てもらい、それぞれの国の茶道を披露してもらいました。静けさを楽しむ上品な日本の茶道、流れるような動きで優雅さを感じる中国の茶道。どちらも最高でした!!

第8回・・・日本第二の都市、大阪。大阪の味を味わおう!ということで、たこ焼き、お好み焼きパーティーをやりました。
関西出身の人が作ってくれた本場の味は美味しかったです!

第9回・・・本物の竹を使って流しそうめんを楽しみました。部屋の中で普通に食べるそうめんも美味しいけど、外でやる流しそうめんは格別でした♬水の流れる流しそうめんで、暑い夏に、涼しい気分になりました!そうめん以外にも、プチトマトや餃子、パンダ!?まで、いろんなものを流して遊びました。

第10回・・・中国夏デザートで、暑い夏を吹き飛ばしました!
日本でいうかき氷「八寶冰(バーバオビン)」やタピオカミルクティーを自分達で作って、好きなようにフルーツを盛り付け楽しみました。

第11回・・・日本の伝統楽器である三味線と鼓の演奏を楽しみました。雰囲気を出すために和室のお座敷を借り切っての開催でした。ゲストに女優の木田ゆきのさんをお招きして、幼少の頃から稽古されている三味線と鼓を披露頂きました。参加の方にも鼓に触らせて頂き鳴らしてみましたが、難しくて。。。



昨年夏から、尖閣諸島をめぐって、日中両国の政府間では緊張関係が続いています。マスコミはお互いの国を悪く表現することが多くなってきました。
ただ、政府の問題は政府の問題。国民同士が争い合う必要は全くない。私は、はっきりそう思います。むしろ、国民同士が仲良くすることで、日中の友好に少しでも貢献できるのではないかと思っています。
お互いを尊重して仲良くしましょう! お互いを好きになれば、争いごとも減ると信じています。
「お互いの国を好きになる最も簡単な方法は、その国の友達を沢山作ること!」という運営方針のもと、日中異文化交流会を運営する『ぱんだハウス』は「日中100人の友達ができるシェアハウス」をコンセプトに活動しています。
https://www.facebook.com/pandahouses
24.11.2013

特別イベント

ぱんだハウス 会社設立記念パーティー
日頃よりぱんだハウスの活動に賛同してくださっている皆様へ

この度、ぱんだハウスは法人化し、日中友好のために本格的に始動することとなりました。

こうした今日を迎えることができたのも、皆様のご協力のお陰です。

今回は、そんな皆様のために、ぱんだハウスの会社設立記念パーティーを開催させて頂きます。

ぱんだハウスから、みなさんへの感謝祭ですので、
参加費は無料とさせて頂きます。

日時と場所は以下の通りです。

【日時】
7月12日(日)12:30〜14:00

【場所】
ぱんだハウス三ノ輪
〒110-0012
東京都台東区竜泉3-4-5シテイハイツ2F
最寄り駅:日比谷線 三ノ輪駅(徒歩6分)


【ぱんだハウスまでの道のり】
ぱんだハウスまでの道のりが自信ない方はこちら。わかりやすいですが、最短ルートではないので、自信がある方はこのルートにした側なくて大丈夫です。

<三ノ輪駅からのルート>
1. 三ノ輪駅の3出口を出ます。
2. 信号を渡って、マクドナルドの方に向かいます。
3. 信号を渡ったら、左側に曲がり、大通り(明治通り)
 沿いにしばらく歩きます。
4. 3分ほど歩くと、正面にスカイツリーがドドーンと
 見えてきます。
5. スカイツリーに向かって歩き、2分ほど歩くと、
 道路の反対(左側)にセブンイレブンが見えてきます。
6. セブンイレブンを通り越す(セブンイレブンは
 道の反対側だけど)と、駐車場の三井パーキングが
 あるので、その手前を右折します。
7. 三井パーキングで右折して歩くと、すぐに右手に
 有馬湯という銭湯があります。
8. 有馬湯を過ぎて、4つ目の角で左折します。
9. 左折して5秒も歩くと、ぱんだハウスに到着です。
 (左側に見える白い3階建の建物です)


それでは、当日お会いできるのをお待ちしております!!
12.07.2015
TOP